海外移住海外就職ならステキ・タイランドにお任せください!
ステキ・タイランドではタイが好き! バンコクが好き!タイ料理にハマった!海外に住みたい!海外で働きたい!そんな女性のための安心安全サポートを取り揃えております!!
就職のためのサポートもバッチリ!!
お問合わせ・資料請求は無料です!!どんなことでもお気軽にご相談ください 



TokoShushoku




サワディーカー ステキ・タイランドです

おかげさまで問い合わせを多くいただいておりまして、本当にありがとうございます

少しでも多くの方にタイの魅力を知ってもらい、そして、海外に住むという夢 を実現してもらえると嬉しいです




さて、何人かの方より、就職を決めてから渡航するのか渡航してから就職先を探すのか、という疑問をお問い合わせいただきましたので、こちらにて私たちなりの回答を記載しておきます。



【疑問】
就職先探しは  渡航前?? 渡航後??



普通は、仕事が決まってから引っ越すんじゃないの??
と考えられた方から、このように質問されたんですね。

実は、タイに住んでいる私たちからしたらそんなに疑問に思うようなことではないんですが、その辺のところを、就職コンサルタント から以下に詳しく説明してもらいます

ちょっと長文なので、時間のある時にじっくり読んでくださいね。




こんにちは、就職コンサルタントの森本です。
森本写真(ブログ用)

海外に渡航して生活するのに、仕事が決まっていないとなると、収入の確保が出来ていない状態で渡航することになるので、とても不安ですね。

しかし、日本にいながらタイでの就職先を探そうと思うと、かなり難しいのが現実です。
ですので、私たちは まずタイに渡航してきて生活環境を整えてから 就職する方が比較的簡単に仕事を見つけやすいとお勧めしています。

なぜなのかという理由を説明します。


採用する側(企業側)から考えますと、スタッフを募集する際には次のような事情があります。
  1. 前任者が辞めるため、すぐに代わりになる人 すぐに働ける人が 欲しい
  2. 長く働いてくれる人が欲しい
  3. タイに慣れている人が欲しい
  4. 他のスタッフはタイ人なので、タイ人とうまくコミュニケーションを取れる人が欲しい

もちろん、企業側としては 高いスキルを持っている人を欲しい のは当たり前なのですが、それよりも何よりも、1.のすぐに働ける人、というのはとても重要なんです。なぜなら、日本人スタッフを募集する場合には、社内で数少ない日本人スタッフが辞めてしまうか、事業を拡大するために増員するか、どちらかしか理由がなく、特に数少ない日本人が辞めてしまって穴が開いてしまうことは企業にとっては大問題なので、その穴を埋めるために すぐに働ける人が重要視されるんです。

日本にいる方は、これから渡航の準備をして仕事を開始できるのが2、3か月後となりますので、企業側としては それまで待ってられない、しかも、絶対にタイに来て仕事をするという確約が出来るのか、家族の反対などでタイに来れなくなることもあるのではないか、と考えられて、相当なスキルや職歴をお持ちの方でないと、日本から就職を決めるのは難しいです。

もしくは、タイにいる日本人が働きたがらない職場 であれば、人手不足で年中募集していますので、日本から応募すれば採用される可能性は高いです。こういうところは給与が安かったりしますが、タイに住んでいればいくらでもより良い就職先を探すことが出来ますので、タイに住むきっかけにするのにはとても良い機会だと思います。


結論を言いますと上述の1. ~3. は、タイで生活を始めれば簡単にクリアできます

勘の良い方であれば 1、2か月もすれば 1. ~3. はクリアできると思います。
4. も英語を話せるようになるとかそういうことではなく、慣れとか度胸が必要となってきます。こちらも生活していくうちに自然と身に付きます。これを我々は 「現地性」と呼んでいます。
英語やタイ語が話せなくても、「現地性」があれば良い仕事は必ず見つかります。


タイでの生活は、家賃を含めても1か月 7、8万円程で十分な生活が楽しめます。生活を始めてすぐにはアパートの敷金(2か月分)や家賃の前払い、生活用品を揃えることなどでお金がかかりますが、2~3か月は仕事を探しながら生活に慣れよう、タイ語や英語を使えるようにしよう、と考えて、それくらいの生活費を準備し、楽しみながら「現地性」を高めていってください。




SutekithailandWebShiryoToiawase